仲介業者専用情報

TEL:06-6459-9515

  • ご相談
  • 会社案内
  • プライバシーポリシー

フィルコ

著書「賃貸マンション管理会社VS自主管理 大空室時代を生き抜く賃貸経営術」より抜粋

不動産運用でお悩みの方へ

不動産資産を既にお持ちの資産家の方であれば、資産家の方ならではのお悩みがあるでしょう。
私も今までたくさん方のお悩みを聞いてきました。

それは不動産賃貸物件の入居率が上がらないとか、
収入が上がらない、支出が多いといった不動産賃貸経営の悩みだったり、

築年数の経過による建物設備の更新や建物全体の大規模修繕の悩み、
室内のリフォームや設備更新の悩み、物件の管理の悩み、
管理会社の悩み、「遊休地の活用方法がわからない」といったことや、
新しい収益物件の購入を考えてるとか、
減価償却が終わろうとしている物件の売却だとか、
金融機関の融資の悩み、税金の悩み、相続の悩み、枚挙にいとまがありません。

「お金」に関することでは、納税の悩み、相続税の悩み、贈与の悩み、借入金の悩み。
「不動産」に関することでは、遊休地の悩み、土地活用の悩み、古い借家の悩み、賃貸経営の悩み、空室の悩み、リフォームの悩み、大規模修繕の悩み、管理の悩み、売却の悩み、購入の悩み。
「人」に関することでは、相続の悩み、結婚の悩み、後継者の悩み、従業員の悩み、家族の悩み。
まだまだありますが、大半はこのようなお悩みではないでしょうか。

このような悩みをあなたは誰に相談されますか?

「お金」のことを相談されるのなら税理士・会計士さんでしょうか。
資産管理の会社やご家族の申告業務をしている、昔から長年お付き合いのある税理士さん。
長年資産の状態を見られていて、オーナー様のお財布事情もわかっていますし、
税務の専門家ですから全て任せて安心というところかと思います。

あとは金融機関。こちらも昔から長年お付き合いのある金融機関さん。
近所にあるし、長年預貯金をしているし、
借入もしているのでなんでも相談に乗ってくれるというところでしょうか。

「不動産」に関することでは地元の不動産屋さん。
これまた昔から長年のお付き合いで、借家や駐車場の管理を任されていたり。

不動産賃貸物件の管理を任せている方は管理会社さん。
不動産賃貸物件に関することは当然相談する相手になるでしょう。

ところがこれらのお悩みは全てあなたの「資産」の悩みであるにもかかわらず
それぞれの相談相手に点で相談しているに過ぎません。
それぞれの方が自分のテリトリーの範囲内でしか話をしてくれないのではないしょうか。

不動産資産を「取得(相続・購入)」し、不動産資産を「活用(運用)」するプランを検討し、
不動産資産を「維持(管理)」し、不動産資産の「資産価値を向上(利益を得る)」させる。
資産価値の向上により新たな不動産資産を取得する。

これが不動産資産をお持ちの資産家の方の流れです。

取得(相続・購入)した不動産資産が土地なのか建物なのか。土地ならば更地なのか駐車場なのか。
建物ならマンション・アパート・ビルなどの賃貸用不動産なのか古い戸建住宅なのか。
ご自身の年齢や家族構成など様々な角度からその不動産資産の活用方法を見出さないといけません。

  • 建てたいだけの建設会社
  • 売買手数料が欲しいだけの不動産会社
  • とにかく融資をしたいだけの金融機関
  • 税制が変わっても昔ながらの手法にこだわる税理士さん
  • ワンパターンなデザインのリフォーム会社
  • 空室が増えても安易に家賃を下げる提案だけする不動産管理会社

こんな業者さんがあなたの周りにいませんか?
どこまでオーナー様の身になって仕事をしてくれているのでしょうか。

長年の付き合いだからと信頼されているにもかかわらず、オーナー様のためになる提案もなく、
悩みを解決できていない方はたくさんいらっしゃいます。

私が21歳の時に不動産業界に入り、不動産賃貸管理の仕事に就いた時にある方から言われた言葉を
今でも覚えています。
「不動産業界に入って若い歳から不動産賃貸管理の仕事を経験するとは、
将来はスーパーマンになるな。大変だろうけど頑張ってな。」

その頃はこの言葉の意味がわかりませんでした。
働き始めて仕事が忙しくなってきたので、仕事の量をこなすのが大変になってきたので、そういう意味のスーパーマンなのかとも思いました。
しかし、今ならその意味がわかります。不動産の売買や賃貸の個人仲介をしてもその時その時の取引で終わってしまいます。
ですが、私が経験してきたのは不動産賃貸管理を通じて、多くの資産家の方と出会い、不動産資産の管理というものが、単に賃貸物件を管理するとか、空室を埋めておしまいとか単純な取引では終わらないということで、その不動産資産を長期にわたって見続けていくことが大切なのです。

必要なのは不動産屋さんや不動産管理会社ではなく、
不動産資産全てのことを相談し、
最善の解決を共にできるパートナー。

私には熟練の職人さんのように優れた腕があるわけではありません。
しかし、20年間培ってきた経験と知識と人脈があります。

不動産資産を取得するにはどうすればいいのか、不動産資産を活用(運用)するにはどうすればいいのか、不動産資産を維持・管理していくにはどうすればいいのか、不動産資産の資産価値を向上させるにはどうすればいいのか、様々な例を経験し、自身の範疇を超える部分は適切な専門家へ相談・連携し、成果を上げてきました。

オーナー様のためになるのであれば、その行動、助言を惜しむことはありません。
時には厳しい意見することもあります。
全てはオーナーのために。
カッコつけた言葉だけでなく、せっかく身につけたこの知識と経験と人脈を活かし
一人でも多くの方のお力になりたいと考えています。

あなたの隣に信頼できるパートナーはいますか?

書籍

賃貸マンション管理会社VS自主管理大空室時代を生き抜く賃貸経営術

賃貸マンション管理会社VS自主管理
大空室時代を生き抜く賃貸経営術

出版:株式会社澪標

ご購入はこちらから

  • 自主管理と管理会社比較
  • サービスメニュー
img
  • 不動産運用でお悩みの方へ
  • これから賃貸マンション経営を始める方へ

お電話でのお問合せはこちら06-6459-9515

メールでのお問合せはこちら

ページ上部へ